時代によって変わっていく勤怠管理

学校では出席を取りますが、会社では勤怠管理を行います。初期の勤怠管理といえば帳簿をつけていました。担当の人が書き込んでいたのでいました。自己申告で勤怠表に書き込んで提出する場合もありました。機械化が進むと登場したのがタイムレコーダーです。時計と記録部があり、専用のカードを差し込むと時間が記録されるようになっています。機械化されることにより事件費の削減と共に、勤怠管理の厳格化が図られました。サラリーマンの必需品とされたタイムレコーダーですが、現在では違った勤怠管理の方法がとられています。


これは働き方が多様化していることも関係しているようです。オフィスでは個人にパソコンが貸与されていますが、このパソコンが勤怠管理に活用されています。例えば、パソコンに電源が入った時間が出勤時間、パソコンの電源をオフになった時間が退勤時間となるようにしている会社があります。システムが構築されて可能になった技術です。このシステムの問題点は出張などの時ですがこの場合は、外出の届けを上司に提出すると、勤務時間が考慮されるしくみとなっています。パソコンの電源以外に社内のシステムにアクセスした時間が出勤時間で退勤時間は退勤の操作をした時間となっている会社もあります。工場など社員全員にパソコンが貸与されていない事業所などでは便利なシステムです。その他にはパソコンで自己申告し、上司や管理者の承認を受ける勤怠システムもあります。


正社員などは直接雇用なので色々なシステムで直接管理されていますが、派遣社員などはどうなのでしょうか。派遣社員の勤怠管理も初期は紙ベースで行われていました。管理シートに出勤時刻、退勤時刻、休憩時間などを記入して、派遣先担当者の承認のサインをもらい、派遣元担当者に手渡したり、ファクシミリで送信していました。派遣会社でもシステムの導入が進みました。ただ問題は派遣社員は色々な事業所に散らばっていて社内システムの様なものでは使用できません。そこでインターネットを使う方法が用いられました。勤怠を管理する専用のサイトを用意し、システムの運用者がパスワードを発行します。パスワードにより参照できるページやデータが違います。派遣社員本人と派遣元は全てのページを参照することができますが、派遣先担当者は一部に限られます。派遣社員本人が出勤時間や退勤時間を記入しておくと、派遣先担当者が承認します。これを派遣元が確認して派遣先に請求するシステムになっています。